Sonntag, 30. April 2017

春のハンガリー旅行④ セゲド市 文化行事(異文化編)

今日も寒いドイツです。
ブルブル・・・暖房のスイッチを入れております。

さて、ハンガリー旅行のお話の続きです。
今回もセゲドの話題。

この度は、友人に誘われ、文化プログラムを鑑賞

ハンガリーに住む少数民族のプログラムがあるという。
ハンガリー少数民族とは、ジプシーは皆さんご存知かと思いますが、
他にウクライナ、ロシア、ポーランド、チェコ、ドイツ、ギリシア、ルーマニア、ブルガリアなど、
国に少数民族として認められております。

それぞれルーツが違う方々ですが、皆さんハンガリー語は完璧。
ハンガリーの社会に溶け込んで、暮らしていらっしゃいます。

今回主催のプログラムの責任者の方
彼女は故郷ウクライナの民族衣装を着ております。

各国語での詩や文学の朗読と音楽演奏が続きます。
 
 
 
 
ロシア語での詩の朗読
 
 
 

↓この方はドイツ人。終了してからドイツ語で少々会話致しました。
 
 
とても品のあるポーランド人のおば様
 
 
 
約一時間半にわたってのプログラム。
あっという間に終わりました。

終了後はお誘いを受けて、カフェ室で一緒に団らん。
ワインやソフトドリンクを飲みながら、カナッペをつまんで会話も弾みました。

日本人は私ただ一人でしたが、博士の助けもあり、大いにエンジョイ。
ハンガリー人の懐の厚さというか、暖かさを実感。

毎回、訪れるたびに住みたくなるので困ります。

Samstag, 29. April 2017

フリマ、そして再発のピロリ

ハンガリー旅行から帰ってから、週末も冷えるドイツ。
どちらもライラックの花が咲いているのですが、
ハンガリーは暖かさで花を開き、ドイツは寒い中咲くという違い。

冬のセーターをクローゼットから引っ張り出し、博士と日曜のフリマへ参りました。

地元Meerbuschのフリマは食器、小物、お洋服と掘り出し物が多いのが特徴。
足を運ぶ女性たちの狙いは、結構お洋服だったりするわけです。

私のこの度の戦利品をご紹介。
ボルドーカラーのイタリア製ワンピース
値切って6ユーロ也。

そして、こちらのジャケット 
フェイクなので、洗濯機でザブザブ洗えます。
これがなんと3ユーロ。

物はどちらも新品同様で状態が非常によろしい。
かなりお得なお買い物をさせていただきました。

それから、毎回のフリマにファインコストのお店を出している方がいらっしゃるのですが、
この度はじっくり商品を見せて頂きました。

無添加ジャムや色んな種類のオイル、酢などがございます。
お店の名前は Dagmars Fienkost 

バルサミコ酢を蜂蜜、ハーブでアレンジしたものを購入。 
これが、マイルドでサラダにピッタリ。
大当たりの一品でございます。
しかもお値段は3.40ユーロと決してお高くはございません。

ハンガリー旅行は楽しかったし、帰ってきてフリマで良い買い物もできたし、
満足、満足で4月最終週を迎えました。

週明け、3月末に受けた3度目の胃カメラ検査の結果を聞くため病院へ。
体重も増えたし、これは大丈夫に違いないと思いきや…

「前回の検査以上にピロリ菌が増えてます」

ひゃーーーーなんという!
わずか半年のうちにピロリ菌が再繁殖とは。

原因はもともとの胃潰瘍ですが、現状としては胃潰瘍は消えておりました。
しかしながら、胃炎が慢性化していたようで、ピロリにとって最高の環境だったらしい。

そもそも、数年前からストレスでいっちゃっていたのは胃だったらしく、
長期にわたって気が付かなかったのが災いしたという。

除菌再び一週間。
で…前回の除菌でエライ大変な目に遭っていることもあり、
会社をお休みさせていただくことに致しました。
申し訳ないのですが、今は自分の健康が一番の優先事項でございます。

今も除菌中ですが、関節痛や筋がこわばったり、皮膚が痒くなったり。
前回ほどではありませんが、色々体に変調がございます。

この1週間で除菌がうまくいかない場合、
更に1週間除菌生活にはいるという、これは勘弁願いたい。

何とか、無事にピロリ菌とおさらば出来ることを祈りつつ、
治療に専念したいと存じます。

Freitag, 28. April 2017

春のハンガリー旅行③ セゲド市 お気に入りカフェなど

 今回もハンガリー東南の学園都市セゲドについてご紹介。

ブタペストでもそうですが、博士は相変わらず古本探しに明け暮れておりました。
地元の友人に聞いて、老舗の古本屋へ。 
古本はブタペストより安価。
本の種類も豊富で、博士には誘惑が大きい。
家にある大量の本のことなど忘れて、ここでも何冊も買っておりました。

ドイツと違い、日中はポカポカ陽気のセゲド。
散歩をしていても気持ちがいいです。
ティサ川を超えた先にある公園へ参りました。
とても広い公園で、小鳥のさえずりが響きます。 
この『リスト遊歩道』をゆっくり歩いて散歩。

散歩の帰り道、近くにある屋外プールを見てみたら…
なんと、もう泳いでおります。
ドイツはまだまだ寒いですが、ハンガリーは初夏でございます。

散歩のあとは午後ティーを。
今回、アレルギーにも関わらず、スィーツを色々試しました。
その中でも一番美味しかったのがこちらのカフェ。 
地味な店構えなのですが、とにかく客足が絶えない。

 
 
友人一押しのパイ生地にカスタードクリームを挟んだお菓子を頂くことに。 
私は一個食べきれないので、博士と半分。
お友達と三人でこれにコーヒーを加えて7ユーロほど。
なんというお得感!

この度も博士の大学時代の友人宅へ。 
 広いお庭で猫がお出迎え
犬もおります

博士はもともと大学で美術専攻。
その時の友人が陶芸作家なのでございます。 
手前のお人形、ハンガリー国内の美術専門店や民芸品のお店にも並んでいます。

彼女の作品の数々 
 
 
 
このカップルの像は、依頼者の写真を見て作った作品だそうな。

陶芸家の友人は料理も天才的。
毎回、レストラン以上の味を提供してくださいます。

食前恒例、まずはパーリンカで乾杯! 
パーリンカはウォッカ同様、アルコール度数の高い飲み物。
林檎、梨、プルーン、アプリコットと種類も色々。
この度は、ご主人が手に入れた手作り薬草パーリンカを頂きました。

 豆とお肉を煮込んだスープ
パプリカの赤が鮮やか 
 豚肉の煮込み
 ジャガイモですが、ドイツより美味しい

陶芸家の彼女が一晩で作ったというイースター向けのマグネット 
そして、イースター卵 

毎回、ここのご夫婦には美味しいものを沢山食べさせていただきます。

一度は彼女のところで陶芸とお料理を習ってみたい。
お菓子作りもプロ級なので、教わりたいことがいっぱいです。

セゲドで楽しい思い出が尽きません。
次回はセゲドの文化的な行事をご紹介したいと存じます。

Dienstag, 25. April 2017

春のハンガリー旅行② セゲド市

ブタペスト2泊(実質は1日と数時間)滞在をして、ハンガリー東南へ移動です。
前日の朝10時過ぎに市内交通1日乗車券を買いましたので、
有効時間内に活用し、9時20分発の列車に乗車致しました。
(1日乗車券は購入してから24時間有効でございます)

ハンガリーKeleti駅から大学都市Szeged(セゲド)へ出発!
セゲドは博士が学生時代を過ごしたところ。

現在はインターナショナルな大学で、医学部などの講義は英語でございます。
なんでも世界95か国から留学生が集っているとか。
日本人留学生も50人ほど在学すると伺っております。

列車の中はこんな感じ 
2等車コンパートメントで快適 
ハンガリーの列車は年季が入っておりますが、車内は清掃が行き届いていて清潔。
特にトイレはいつもきれい。(掃除もそうですが、使う人も綺麗に使っている)

セゲドでの宿泊は合計6泊。
ここでもアパートメントホテルを予約致しました。

Bartok Apartment 
部屋が3つ、キッチンには洗濯機もあり便利 
市内中心部、市場は徒歩圏内で周辺環境も安全。
しかも一泊一室31ユーロ、長期滞在には最高のアパートでした。

ところが、問題がただ一つ。
部屋の玄関ドアなのですが、内側ドアと外は防犯用に格子ドアの二重構造。 

ですが、受付の担当者から頂いたのは、外側の格子ドアのみだった。(-_-;)
それがどうゆうことを意味するかと申しますと・・・
 
誰かが外から簡単に内側ドアを開けられるという事。
防犯の意味がこれじゃ成り立たない訳でございます。

セゲドは安全な街なので、まあどうという事はないのでしょうが、
そもそも何故二重ドアかと申しますと、空き巣の可能性があるからです。

後から電話をして内側ドアのカギを頂きましたが、これまた問題。
鍵穴がすり減っていて、鍵がかからなかったのでございます。

仕方がないので、博士が毎晩、防犯バリケードを準備する羽目になりました。
博士作、アナログ防犯ロック

この右端のブロックですが、なぜか清掃クローゼットにありました。
ピッタリサイズで大助かり。

毎朝早起きして市場へ新鮮なお野菜を買いに参りました。
地元の農家から獲れたての新鮮野菜を直接購入できるという素晴らしさ。
もちろん名産の蜂蜜、ソーセージも安価で買うことができます。

それから、宿の近所にお安い居酒屋発見。
ワイン一杯(2dl)1ユーロ
ハンガリーではワインをデシリットルで注文します。
ドリンクメニューの表にも 〇〇Ft/1dl と表記されております。

セゲド市は1879年のティサ川氾濫による大洪水で甚大な被害を受けたところ。
災害後の復旧に当たり、ヨーロッパ各国からの援助によって再建されるのですが、
再建にあたり、パリの街をモデルにしたそうです。 
ハンガリーの小パリなのでございます。

公園も美しく、市内のいたるところに銅像があるのもハンガリーの特徴。

 
 
 
 
 
 
 
 

そして、市内には築200年のアートな建築物が並びます。 
  
昔の市電もございます。
 
 
セゲドには温泉もございます。
市民が集うAnna温泉 
温泉の近くでは温泉水を無料で持ち帰りできます。
温泉水の味はイマイチですが、健康のためは我慢!? 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

そして、セゲドと言えばSzegede大聖堂 
 
壁画、ステンドグラスなどとにかく美しい
全てハンガリー式
天井のマリア像はハンガリーの民族衣装を身に着けています。
 
 
 
 
 
 


 
毎年夏になると大聖堂の前の広場に舞台が設置され、
様々な文化的プログラムを楽しめるのも特徴の一つ。

西のパリ、イタリアなども良いのでしょうが、
私はどこよりハンガリーをおススメしたい。
特にセゲドは小さい町ながらとても粋でお洒落なので、訪れて欲しい町。

年間、約200日が晴天という街。
パプリカの産地でもあり、ビタミンCが発見された街でもあります。
 
この町を語ればきりがないほど、私のお気に入りの街のひとつ。

次回も引き続き、セゲドについて書きたいと存じます。