Montag, 27. Februar 2017

今年もカーニバル

 23日の木曜日あたりから、町中大騒ぎのカーニバルの季節がやって参りました。
職場でも気分はすっかりカーニバル。
この時期に残業するのは日本人くらいかもしれない。

とにかく、昼間から飲んだくれる輩多し。
市内の交通機関も大混雑で、電車やバス路線のダイヤも乱れ放題。
個人的に、街の中心部への外出が嫌になる時期でもあります。

博士と私、カーニバルとは無縁のゲッティンゲンで長く暮らしたこともあり、
どうも苦手なこの雰囲気でございます。

昨日の日曜、散歩がてらにNeuss(ノイス)へ足を運んだら…

通りはかなりの人、人、人…
たまたまカーニバルのパレードが終わったところに出くわしました。

みんなコスチューム姿で見学
さて、カーニバルパレードが終了してからが、長い夜の始まりです。

街の居酒屋やレストランは大混雑。
みんな飲めや歌えの大騒ぎです。  
パレードの始まりも後も、一番大変なのは出動中の警察官と救急隊。
飲んで殴り合いの喧嘩もあり、仲裁に入る警官も楽じゃございません。

それから、急性アルコール中毒で倒れた若者を運ぶ救急隊も目撃。
カーニバルがいくら無礼講とは言え、何でここまで羽目をはずせるものなのか。
私たちが散策していたわずか30分の間に、3台の救急車が出動。
まあ、とにかく酔っ払い天国と化しておりました。

メイン通りでは、練り歩くパレード隊がお菓子などを見物人へ投げるのが習い。
それをみんな競って拾い集める…という楽しい行事なのでしょうが、
その終わった後はこんな感じ。
祭り後の通りはゴミだらけ。

飴やお菓子の残骸で靴の底にゴミがベタベタにくっついてしまいます。
まあ、市の清掃車があとから片づけに入るので問題ないのでしょうが、
エコを考えるドイツ人がこの日ばかりは例外のよう。
ビニール袋とゴミが散乱し放題でした。

このカーニバル、各地から観光客も多く訪れるメインイベント。
ですが、アルコールの勢いも手伝って、一夜だけの恋にも拍車がかかるらしい。
コスチューム姿でナンパされ、その場でいちゃいちゃ…っていうのが昨今の流行と、
そんなことをテレビの情報番組で取材していおりました。

ちなみに、番組によりますと、
男子から電話番号を渡される確率が一番高いコスチュームは、
『婦人警官』なんだそうな。

この際、通りの飲んだくれを『月に替わってオシオキ』して頂きたいもの。

デュッセルドルフ在住4年、未だに楽しめないカーニバルなのでございます。

Freitag, 24. Februar 2017

手のりたま

体重が1.5キロ戻ったところで、仕事に復帰致しました。
職場では皆様に気を使って頂き、また、早く太るように(?)励ましを受けたり。
とにかく、皆さん親切なので、とてもありがたいなぁと再び感謝です。

さて、復帰したところで、会社の同僚女子の机に目が留まる。

こんなキャラクターが…
『手のりたま』

日本のスーパーで見つけて買ったというこの一品。
中身は言うまでもなく『のりたま』ふりかけが入っているそうな。

お弁当のお供に、そっと忍ばせるサイズが心憎い。
日本は本当に、こういう可愛いキャラのセンスが抜群でございますね。

あ、後ろのダックス君も日本から。
同僚女子の愛犬のミニチュア版で、癒し用だそうです。

Samstag, 11. Februar 2017

食べたいものを食べる

療養中ですが、少し食欲回復。
昼食のみ、まともに食べられるので、調理に力が入ります。

最近見た食品アレルギーに関する番組で、
近年の食品摂取のピラミッドが変わったという情報がありました。

摂取を控えたほうが良い食べ物のトップが、
小麦、ジャガイモ、砂糖だという。

砂糖は世界各国、どこでも摂取を控えるべきだと言われておりますが、
小麦とじゃがいもというのが意外にびっくり。

ですが、品種改良で小麦は戦前よりグルテンが50%増となり、
じゃがいもも昔と品種が変わっているのが人間の体で悪さをするらしい。

今の私には天敵の食材となりましたが、小麦を辞めると本当に痩せます。

食品に制限があるというのは切ないですが、
それゆえ、食べたい食材を調理するようになっております。

鶏肉とパプリカ、シャンピニオン、玉ねぎをトマトソースでじっくり煮込む。
醤油味がダメなので、塩やトマトを使う料理が増えました。
塩も精製塩は摂りません。
天然塩三種を使い分けております。

この間の誕生日は、博士に焼き豚チャーハン、
自分にご褒美のホタテのバター焼きを作りました。
塩味のポロネギを絡めて頂きます。
もともと食べるのが大好きだっただけに、
思うように食べ物を受け付けられなくなったことは大きなストレス。

なので、最近は、食べたい食材をちょっと贅沢しても食べるようにしております。

本当は仕事の後のディナーをゆっくり、美味しくというのが理想的なのですが、
夕食を取ってしまうと苦しくて眠れなくなるので無理。

こんな体に誰がした…とグレてしまいそうになりますが、
駄目なものダメ。

ランチでその分、発散でございます。

Freitag, 10. Februar 2017

chia sead...ブームに乗ってみる

蕁麻疹がようやく治り、皮膚も少し普通に戻りつつあります。
体重も一キロ取り戻しました。

gそれにしても、一日の中でまともに食事ができるのは一食だけ。
胃が小さくなったようで、昼食をまともに頂くと、
夕飯を受け付けなくなってしまいました。
昔の食欲が信じられないくらいでございます。

アレルギーだなんだと言われ、食べ物に制限がずいぶんありますが、
食事がまともに三食頂けない分、食べたいものを口にしたくなるのが人情。

この間は禁を破って、チョコレートがたっぷりの
シャンパントルテなるものを頂いてしまいました。

やっぱり、ケーキは美味しいのです。
まあ、当面はまた自粛ですが…。

さて、話は変わって…

この間、日本の友人と話しておりましたら、
何でも日本でChia seadが流行っているという。

ドイツでも最近、Chia sead とフラックス(亜麻仁)シードが
お腹の脂肪を減らすと話題になっておりました。

チアシードは日本じゃお高いようですが、
ドイツでは350g入りで500円程度からお買い求めになれます。

朝食でヨーグルトと一緒に…

ドイツでは、チアシードを一日15gまで摂取するようにとアドバイスが。
体格の違いなのか…日本より5gほど多めなのでしょうかね。

それから、友人のおススメで、目に効果的なブルーベリーも試すことに。
これも、BIOの冷凍ブルベリー、300g入りで400円ほど。
日本の価格と比べますと、これまたお安いです。

毎朝、ラクトーゼフリーのカスピ海ヨーグルトと一緒に頂くのが定番。
チアシードをヨーグルトに混ぜ、数分置いてから頂くと、
プチプチ感が増すのです。

体に良いといいますが、何事もブームで済ませないように。
できるだけ長く続けたいと思っております。

効果のほどはいかがなものか。

まずは半年、気長にお試しなのでございます。

Freitag, 3. Februar 2017

突然、ジンマシン!?

年が明け、なんとか健康も上向きに過ごしておりました。
特に12月のハンガリー旅行で、ホットフラッシュがなくなり、
食欲もかなり戻り、とっても調子が良くなったのです。

ところが、ここにきて胃の調子が下降ぎみ。
どうしたものかと思った矢先に、突然、両腕に発疹が。

しかもなんとなくダルイので、計ってみたら熱まで上昇。
体を休めましたが、関節、筋肉に痛みが走り、眠ることもままならず。
一体何が起こったのか。

近くの病院へ駆け込みましたが、先生から、
『胃カメラ検査をもう一度する必要があるかも』と。
主治医と検査について話し合うように言われたのでした。

胃が弱り、そこにあらぬ菌が入った模様。
風邪の一種のようですが、明らかに胃腸を攻撃されているという。
余りの具合の悪さに食欲は進まず、体重がまた減少してしまいました。

もう、ちょっとこれは洒落になりません。

昨日から少し食欲も戻り、やっとこんな固形物をいただきました。
豆とコーン、ツナのサラダ 
荏胡麻油とお塩、レモンに香辛料を加えて混ぜ合わせ。

私の得意の即席料理となりました。

発疹は、どうもアトピーに近い症状。痒いのなんの。
徐々に普通の肌に戻りつつありますが、顔に出なかったのが幸いでした。

最初、塗り薬で対処してましたが、お腹にも発疹ができた時点で中止。
すぐにホホバオイルに切り替えました。

理想体重からシンデレラ体重に近づくのは嬉しいですが、
こんな病んだシンデレラは望ましくはございません。

せっかく買いそろえた洋服が、また合わなくなっており、
これ以上の出費も勘弁して欲しい。

今は豆の味を噛みしめながら、体重を取り戻すことに専念するのみ。

ゆっくり療養させていただきたいと存じます。