Samstag, 25. März 2017

低温調理法とパイナップル

お休みだというのに、平日同様、5時に起きてしまいました。
二度寝するという手もあるのでしょうが、早起きは三文の徳でございますし、
ちょっとやりたいこともあるので、ささっと起床いたしました。

実は、YouTubeで偶然見つけた調理法あり。
以前から気になって、どうしても試したいと思っていた『低温調理法』なるもの。

なんでも、お肉を柔らかく、美味しく頂けるらしい。

知ってしまうとどうしても試したくなるのが人情。

この料理法を試すために、豚のスペアリブを買ってきたのでございます。

料理の仕方をYouTubeで色々検索。
なんと、パイナップルがお肉を柔らかく仕上げるという知識をゲット。

パイナップルも買いました
パイナップルとお肉についてネットでググりますと、面白い記事がありました。
パイナップルの消化酵素がとってもすごい働きをするらしい。
思っても見なかった知恵をさずかりました。

塩、胡椒、すりおろしにんにく、ローズマリー、オリーブオイルをまぶして… 
これを真空状態にしてお湯に一時間半漬けるだけ。

ちなみに、参考になるYouTubeサイトは。。。芝濱の豚コンフィ

良い感じに仕上がっておりますので、あとはオーブンで表面をカリッと焼くだけ。
本日のランチメニューになりますが、どんな仕上がりか楽しみでございます。

追加…仕上がりはこんな感じ
パイナップルの酵素のおかげでお肉やわらか。
ウマウマでございました!

Freitag, 24. März 2017

サクラ 咲く

ひばりが鳴き、木々も芽吹く季節となりました。

久々に出勤致しますと、駐車場の桜も満開という。
ランチルームには太陽の日差しが燦々。

満開の桜を眺めつつ、お昼ご飯を頂くぜいたくさ。

会社のランチタイムは、12時から15時までの間の一時間フレックス制。
この時間帯内で個々の都合に合わせて取ればヨロシイ。
就業規則にもきっちり記載されているのでございます。

日本との大きな違いでございますね。

またドイツでは、職場に出勤してから朝食というスタイルが普通。
9時から10時くらいの間で持参したサンドイッチや果物などを頂きます。

日本でそんなことを致しましたら、あらら…仕事中に不謹慎と思われてしまいますが、
お腹がすくタイミングはここそれぞれ違うもの。

周りの目を気にせず、自分のペースで仕事ができる。
これがドイツの良さでございます。

私は朝食を自宅、職場の2回で分けて頂きます。
そのため、昼食は少し遅めに13時過ぎから。
それで、ほぼランチルームを独占でゆっくりランチが楽しめます。

早朝と日中の気温差が10℃以上と、洋服の選択が大変な昨今。
でも、晴れるとやっぱり気分も上向き。

どうか良いお天気が続きますように・・・

Mittwoch, 22. März 2017

禁断の…

告白しますが、2週間ダウンしておりました。(-_-;)

仕事中、とにかく消化器官がめちゃめちゃ不調になり、
帰ろうか…いや、最後まで頑張ってみようか…
などと迷いつつも、結局終業時間まで頑張ったのが裏目にでました。

帰宅して、横になろうが、縦になろうがゲロゲロ。
何も口にできなくなり、夜中も寝汗びっしょり。
翌日になっても食欲は全くなし。
むしろ消化不良でお腹がパンパンに張ってしまい、
恐ろしく苦しい状態に陥りました。

こんな状態で会社に行けるわけはなく、即、病院。
最初は一週間の予定でお休み致しましたが、
途中、めまいも起こすようになり、結果的に2週間自宅療養となりました。

この週末、やっと体力が回復。
そこで、しばらく禁じられておりましたものに手を出してみました。

それは…
老舗ハイネマンのケーキ

腸ガンジダから甘いもの制限を始めましたが、
ここにきてガンマンも限界。

食べられるものが食べられないと分かって約半年ちょい。
消化器官の不調に至っては約1年、食事で苦しんだ日々でございます。

食事に制限がかかりますと、ホント、人間キレてしまうもの。

アレルギー症状がでないもので、食べたいものを食べてはおりましたが、
スィーツに関しては、かなり我慢の子でありました。

正直、ケーキも小麦粉を使っているので、アウトの類ではございますが、
別に死ぬほどの反応がでるわけじゃなし。
もうここまで何でも我慢してきたら、口の中が痒くなっても、
食後に関節が痛くなっても、どうでもいいと開き直りました。

で…明日から仕事という事もありまして、
景気づけに禁を破って頂いたのでございます。

大丈夫。
ちょっと反応はでるけれど、死にはしない。

それより、気持ちが和らぐことが大事。
やっぱりスィーツはウマウマなのでございます。

ですが、不摂生はこれにて終了。
来週は、再び胃カメラ検査が控えております。

Sonntag, 5. März 2017

趣味を楽しむ…イラスト

体調を崩していた時から、再び始めた趣味がございます。

イラストなんでございますが…
博士と私の趣味の一つは絵を描くこと。
これは本当に偶然。

私は子供の頃から漫画を描いたり、油絵を描いたり。
若かりし頃は、画家になりたいと真剣に考えたこともあるのです。

でも画家として食べていくのは至難と気づき、即、断念。

一方博士は、最初の大学で美術を専攻。
なんと、美術教師の資格を持っているのでございます。

哲学博士でありながら、美術教師でもあるという。
その博士にアドバイスを頂きつつ、最近、ちょこちょこ描いてます。

思い付きで書いたイラスト…完成です。 
何故、いまさら絵を描き始めたのかと申しますと、
自律神経を調整するため。

4年前、ストレスから体調を崩して以来、事あるごとにダウンするという。
特に去年から消化器官不良のため、体重が激減。

自律神経のためには、心をゆっくりにすることが大切。
そこで、自分が好きな時に集中してリラックスできるものはと、思いつきました。

好きだったお菓子作りが出来なくなったかわりに、絵を描く趣味を復活。
これからも少しずつ、色んなものを描いていきたいと存じます。

Freitag, 3. März 2017

趣味を楽しむ…読書

 三月になりました。
陽も少しずつ長くなり、春がそこまでやって来たのを感じます。

早朝に聞こえてくる鳥の声が春の鳥たちになり、
桜の花のつぼみも膨らみ始めております。

まだ空気はひんやりとはしておりますが、やっぱり春の到来は嬉しい。
気分もなんとなく軽やかになるものです。

さて、最近の楽しみの一つに『読書』がございます。
もちろん、日本語での読書でございますが、
やっぱり本を読むのは母国語が楽。

ドイツ来たての頃は、言葉の上達のために…と日本語のものは避けておりました。
でも、外国語で本を読むというのは、なかなか至難でございまして、
私の場合、気力と集中力がかなり必要。

今でも博士には「(ドイツ語)上達のためには多く読みなさい」と言われますが、
なかなか…努力はしておりますが、本を開くと眠くなるのが現実です。

唯一、眠くならないのが日本語での読書。
最近は、ストレス発散と息抜きを兼ねて、よく読んでおります。

そして、昨日はこんなものが届きました。
仙谷涼太郎氏著『竹鶴とリタの夢』

NHKの人気朝ドラ『マッサン』のモデルとなりました、
ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝氏とリタ夫人の物語。
ドラマのブームはとっくに去っておりますが、たまたまドイツのアマゾンサイトで発見。
送料込みで9ユーロ程度で入手できるため、迷わず購入。

北海道余市のニッカウヰスキーの醸造所、
母のお気に入りの場所でもあり、私には思い出が深い場所のひとつ。
何となく個人的な思い入れがあり、読んでみたくなりました。

この本を読みますと、何となくウイスキーが飲みたくなる?

そう、本の中に『ウイスキーのマリアージュ』というエッセイがございまして、
この文章を読むと確かに飲みたくなるかも。

さて、今宵はウイスキーではなく、ハーブティを飲みながら、
本の続きを楽しみたいと存じます。

Montag, 27. Februar 2017

今年もカーニバル

 23日の木曜日あたりから、町中大騒ぎのカーニバルの季節がやって参りました。
職場でも気分はすっかりカーニバル。
この時期に残業するのは日本人くらいかもしれない。

とにかく、昼間から飲んだくれる輩多し。
市内の交通機関も大混雑で、電車やバス路線のダイヤも乱れ放題。
個人的に、街の中心部への外出が嫌になる時期でもあります。

博士と私、カーニバルとは無縁のゲッティンゲンで長く暮らしたこともあり、
どうも苦手なこの雰囲気でございます。

昨日の日曜、散歩がてらにNeuss(ノイス)へ足を運んだら…

通りはかなりの人、人、人…
たまたまカーニバルのパレードが終わったところに出くわしました。

みんなコスチューム姿で見学
さて、カーニバルパレードが終了してからが、長い夜の始まりです。

街の居酒屋やレストランは大混雑。
みんな飲めや歌えの大騒ぎです。  
パレードの始まりも後も、一番大変なのは出動中の警察官と救急隊。
飲んで殴り合いの喧嘩もあり、仲裁に入る警官も楽じゃございません。

それから、急性アルコール中毒で倒れた若者を運ぶ救急隊も目撃。
カーニバルがいくら無礼講とは言え、何でここまで羽目をはずせるものなのか。
私たちが散策していたわずか30分の間に、3台の救急車が出動。
まあ、とにかく酔っ払い天国と化しておりました。

メイン通りでは、練り歩くパレード隊がお菓子などを見物人へ投げるのが習い。
それをみんな競って拾い集める…という楽しい行事なのでしょうが、
その終わった後はこんな感じ。
祭り後の通りはゴミだらけ。

飴やお菓子の残骸で靴の底にゴミがベタベタにくっついてしまいます。
まあ、市の清掃車があとから片づけに入るので問題ないのでしょうが、
エコを考えるドイツ人がこの日ばかりは例外のよう。
ビニール袋とゴミが散乱し放題でした。

このカーニバル、各地から観光客も多く訪れるメインイベント。
ですが、アルコールの勢いも手伝って、一夜だけの恋にも拍車がかかるらしい。
コスチューム姿でナンパされ、その場でいちゃいちゃ…っていうのが昨今の流行と、
そんなことをテレビの情報番組で取材していおりました。

ちなみに、番組によりますと、
男子から電話番号を渡される確率が一番高いコスチュームは、
『婦人警官』なんだそうな。

この際、通りの飲んだくれを『月に替わってオシオキ』して頂きたいもの。

デュッセルドルフ在住4年、未だに楽しめないカーニバルなのでございます。

Freitag, 24. Februar 2017

手のりたま

体重が1.5キロ戻ったところで、仕事に復帰致しました。
職場では皆様に気を使って頂き、また、早く太るように(?)励ましを受けたり。
とにかく、皆さん親切なので、とてもありがたいなぁと再び感謝です。

さて、復帰したところで、会社の同僚女子の机に目が留まる。

こんなキャラクターが…
『手のりたま』

日本のスーパーで見つけて買ったというこの一品。
中身は言うまでもなく『のりたま』ふりかけが入っているそうな。

お弁当のお供に、そっと忍ばせるサイズが心憎い。
日本は本当に、こういう可愛いキャラのセンスが抜群でございますね。

あ、後ろのダックス君も日本から。
同僚女子の愛犬のミニチュア版で、癒し用だそうです。

Samstag, 11. Februar 2017

食べたいものを食べる

療養中ですが、少し食欲回復。
昼食のみ、まともに食べられるので、調理に力が入ります。

最近見た食品アレルギーに関する番組で、
近年の食品摂取のピラミッドが変わったという情報がありました。

摂取を控えたほうが良い食べ物のトップが、
小麦、ジャガイモ、砂糖だという。

砂糖は世界各国、どこでも摂取を控えるべきだと言われておりますが、
小麦とじゃがいもというのが意外にびっくり。

ですが、品種改良で小麦は戦前よりグルテンが50%増となり、
じゃがいもも昔と品種が変わっているのが人間の体で悪さをするらしい。

今の私には天敵の食材となりましたが、小麦を辞めると本当に痩せます。

食品に制限があるというのは切ないですが、
それゆえ、食べたい食材を調理するようになっております。

鶏肉とパプリカ、シャンピニオン、玉ねぎをトマトソースでじっくり煮込む。
醤油味がダメなので、塩やトマトを使う料理が増えました。
塩も精製塩は摂りません。
天然塩三種を使い分けております。

この間の誕生日は、博士に焼き豚チャーハン、
自分にご褒美のホタテのバター焼きを作りました。
塩味のポロネギを絡めて頂きます。
もともと食べるのが大好きだっただけに、
思うように食べ物を受け付けられなくなったことは大きなストレス。

なので、最近は、食べたい食材をちょっと贅沢しても食べるようにしております。

本当は仕事の後のディナーをゆっくり、美味しくというのが理想的なのですが、
夕食を取ってしまうと苦しくて眠れなくなるので無理。

こんな体に誰がした…とグレてしまいそうになりますが、
駄目なものダメ。

ランチでその分、発散でございます。

Freitag, 10. Februar 2017

chia sead...ブームに乗ってみる

蕁麻疹がようやく治り、皮膚も少し普通に戻りつつあります。
体重も一キロ取り戻しました。

gそれにしても、一日の中でまともに食事ができるのは一食だけ。
胃が小さくなったようで、昼食をまともに頂くと、
夕飯を受け付けなくなってしまいました。
昔の食欲が信じられないくらいでございます。

アレルギーだなんだと言われ、食べ物に制限がずいぶんありますが、
食事がまともに三食頂けない分、食べたいものを口にしたくなるのが人情。

この間は禁を破って、チョコレートがたっぷりの
シャンパントルテなるものを頂いてしまいました。

やっぱり、ケーキは美味しいのです。
まあ、当面はまた自粛ですが…。

さて、話は変わって…

この間、日本の友人と話しておりましたら、
何でも日本でChia seadが流行っているという。

ドイツでも最近、Chia sead とフラックス(亜麻仁)シードが
お腹の脂肪を減らすと話題になっておりました。

チアシードは日本じゃお高いようですが、
ドイツでは350g入りで500円程度からお買い求めになれます。

朝食でヨーグルトと一緒に…

ドイツでは、チアシードを一日15gまで摂取するようにとアドバイスが。
体格の違いなのか…日本より5gほど多めなのでしょうかね。

それから、友人のおススメで、目に効果的なブルーベリーも試すことに。
これも、BIOの冷凍ブルベリー、300g入りで400円ほど。
日本の価格と比べますと、これまたお安いです。

毎朝、ラクトーゼフリーのカスピ海ヨーグルトと一緒に頂くのが定番。
チアシードをヨーグルトに混ぜ、数分置いてから頂くと、
プチプチ感が増すのです。

体に良いといいますが、何事もブームで済ませないように。
できるだけ長く続けたいと思っております。

効果のほどはいかがなものか。

まずは半年、気長にお試しなのでございます。

Freitag, 3. Februar 2017

突然、ジンマシン!?

年が明け、なんとか健康も上向きに過ごしておりました。
特に12月のハンガリー旅行で、ホットフラッシュがなくなり、
食欲もかなり戻り、とっても調子が良くなったのです。

ところが、ここにきて胃の調子が下降ぎみ。
どうしたものかと思った矢先に、突然、両腕に発疹が。

しかもなんとなくダルイので、計ってみたら熱まで上昇。
体を休めましたが、関節、筋肉に痛みが走り、眠ることもままならず。
一体何が起こったのか。

近くの病院へ駆け込みましたが、先生から、
『胃カメラ検査をもう一度する必要があるかも』と。
主治医と検査について話し合うように言われたのでした。

胃が弱り、そこにあらぬ菌が入った模様。
風邪の一種のようですが、明らかに胃腸を攻撃されているという。
余りの具合の悪さに食欲は進まず、体重がまた減少してしまいました。

もう、ちょっとこれは洒落になりません。

昨日から少し食欲も戻り、やっとこんな固形物をいただきました。
豆とコーン、ツナのサラダ 
荏胡麻油とお塩、レモンに香辛料を加えて混ぜ合わせ。

私の得意の即席料理となりました。

発疹は、どうもアトピーに近い症状。痒いのなんの。
徐々に普通の肌に戻りつつありますが、顔に出なかったのが幸いでした。

最初、塗り薬で対処してましたが、お腹にも発疹ができた時点で中止。
すぐにホホバオイルに切り替えました。

理想体重からシンデレラ体重に近づくのは嬉しいですが、
こんな病んだシンデレラは望ましくはございません。

せっかく買いそろえた洋服が、また合わなくなっており、
これ以上の出費も勘弁して欲しい。

今は豆の味を噛みしめながら、体重を取り戻すことに専念するのみ。

ゆっくり療養させていただきたいと存じます。